わたしの代わりに空が泣く。

有益な情報は含んでおりません。

お世話になった部屋。

お盆を過ぎたあたりに、引っ越しを決めた。

ついに引っ越しは明日。

引っ越すと言っても最寄駅は変わらない。

駅の反対側に行くだけだ。

 

今回、色んなものを捨てた。

特に大きいものを捨てた。

冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、ベット。

今週は上記がない生活で、少しつらかった。

ヨーグルトとぶどうを毎日食べるのが癒しだったのに、冷蔵庫がないためにそれは奪われた。

ほくほくのたこ焼きが食べたかったけれど、電子レンジがないために(以下略)

洗濯こまめにしたかったけれど(以下略)

 

何年ここに住んだんだっけ。6年くらいになるのかな。

思い出はそこそこあるような気がしたけど、特に覚えておきたいことはそれほどなかった。

でも何故か、とてつもなく淋しい。

みんなちゃんと大人になってそれぞれの道を選んで、家族の形も変わっていって、友達とも段々と会えなくなることが、とてつもなく淋しい。

父や母に優しくできないまま大人になってしまった気がして、自分の小ささが哀しい。

引っ越しとは全く関係ないのだけど、

色んなことが淋しく感じる。もっと楽しいことを山ほど考えたい。

 

 

 

 

毎週末、バスに乗って、少し離れた安い野菜屋さんに行くのが好きだった。

今住んでいる入船も好きだったけど、

新浦安と浦安の間にある、堀江に行くのが好きだった。

 

TSUTAYAがあって、美味しい焼肉屋さんがあって、ドラッグストアの前を通って、猫がわんさかいる猫通り(勝手に命名)を夜歩くのが好きだった。

もうそこにでかけることはほぼないんだろうなと思う。

 

でも、野菜屋さんは安いから、チャリに乗ってまたでかけようかな。

 

引っ越しが落ち着いたら、ちゃんと自分のためにちゃんとした食事を作ることを頑張りたい。

私は放っておくと、うまい棒やマヨネーズ、魚肉ソーセージで生きてしまう。

相当まずいと思う。

 

とりあえず、無印良品で大きめのサラダボウルを買おう。

あと、ちょっと良さげな冷蔵庫も欲しい。

 

 

6年間?今のお部屋にお世話になりました。

ありがとう。

地震で揺れまくるボロアパートだったけど、ありがとう。駅近で安くて、私には最高だったよ。

明日最後のお掃除でピカピカにしてやんよー!